2008年01月25日

雪景色。

最近ゆったりした時間が取れなくてうちの子たちの写真を撮ってないので、
代わりに雪国の風景をペッタン。
青森の知人が窓から撮って今朝送ってくれました。
キレイッ!と言ったら寒い地方で暮らす人々からヒンシュクを買うかも知れないけど、
やはりきれいなものは綺麗。見事な白い花ですよね。

P506iC0003801390.jpg

ニックネーム あんず at 12:07| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おやまぁ〜*やはり綺麗ですよねぇ〜。
雪かきが必須な方達にとっては綺麗なんて言ってられないのでしょうけれど、
積もった雪をめったに見られないものにとっては、
やはり綺麗な白い華のある景色ですよね!
Posted by tikotiko at 2008年01月25日 13:31
花より団子党のワタクシが、この画像を見てパッと思い浮かべたの、
何だと思います?
ふふ、お餅なんですよ。
幼い頃、田舎では薄く四角に切ったお餅を木の枝に刺して
飾ってました。
そしてカチカチに硬くなったのを2月頃、灰の中に入れて焼いて食べてたんですよ。

Posted by あんず at 2008年01月25日 15:08
こんにちわ〜♪ ホントすごい綺麗な雪ですね!雪のある風景には、憧れてしまいます\(^o^)/(雪国の方、ゴメンナサイ)
 コザクラさん達、みんな男のコでしたか。。失礼しました>、< とても大事にされているのがよ〜く伝わってきて、思わずニヤけてしまいます^m^
 よかったら、なんでも話してくださいね〜^0^
Posted by きたろー at 2008年01月25日 15:40
あんずさん、こんばんは。
そちらの雪がこんなに積もったのかとビックリしました。
青森ですか、さすがです。
確かに雪は大変な面もありますが、やっぱりキレイなんですよ。
キレイって感想いいと思います(*^−^*)
月明かりの中をゆっくり降ってきたり、街灯に照らされる中を深々と降ってみたり、こうして様々な場所を覆うように積もって風景を変える時など、いろんな状況の雪があります。
もちろん吹雪いて大荒れの時もありますが。
でも、いつ見ても、雪のこの白さに心奪われるんですよね〜。
Posted by ももたん at 2008年01月25日 20:29
あんずさん、おはようございます。
私もももたんさん同様、あれっ雪がこんなにと思ってしまいました。
綺麗な雪景色をみると、雪国の方には申し訳ないと思いつつあこがれてしまいます。
もっとも、ももたんさんの撮られた白鳥たちにもっとあこがれますけどね(^^)

いつも美味しそうなご馳走が並んでいて刺激をうけます(笑)
うちではあやめが料理好きで、帰ってきた時には食材持込で色々作ってくれます。
身近にこういう人がいるといいですよね♪

可哀想なポパイちゃん、早くカラーがとれますように。ちょっとだけ甘やかしてあげてください。
私も昨日は大好物のシードをぽぽにやって甘やかしました(笑)
ご機嫌でずーっと食べ続け、出せ出せコールが全くありませんでした(笑)
Posted by あとり at 2008年01月27日 09:58
きたろーさん、こんにちは。
私も若い頃から雪国に憧れている一人です。
が、末端冷え症を自覚してからは雪が降ると指先が痛くて痛くて・・・
だからせめて画像で楽しんでいるというわけです。
ポパイのこと心配して頂いて有難うございます。
だいぶ良くなってきましたよ。
本人は不自由ながらも元気いっぱいなのでご安心ください。

ももたんさん、こんにちは。
畑や山が雪に覆われてる風景は風情があっていいですが、
道路や庭先が雪に埋もれてしまうと雪かきはしなきゃならないし、
凍って滑るしで、生活している人は大変ですよね。
暑い地方は暑いなりに、寒い地方は寒いなりに、
それぞれ環境に順応して暮らしていくのが生活の知恵なんですかねぇ。

あとりさん、こんにちは。
鎌倉にお住まいのあとりさんと都下の我が家は隣県とは言え、
暖かさのイメージが違うような気がします。
東京は大寒以来、厳しい冷え込みが続いていて、
ベランダの小松菜もへたってしまいました。
ポパイが小松菜の葉が好きで手に持ってエリカラーのそばに近付けると、
それは美味しそうに食べてくれるんですよ。
あやめさん、食材持込でお料理作ってくれるんですか。
あとりさんの出張シェフを待ちわびる気持ち、よく分かりますわ。
Posted by あんず at 2008年01月28日 12:20