2008年01月31日

ニンジン&りんごジュース。

433400749X.jpg aoiken726-img450x600-1201137967p1105581.jpg


石原 結実さんという医学博士をご存知ですか?
4,5年前からミニ断食や各種の健康医学書などの本でマスコミを賑わせている人ですが、
4年ほど前でしょうか、私もたまたま知り合いに薦められ、「ガンにならない血液をつくる」
(光文社・カッパブックス)という本を読みました。
これがとんでもない内容で、私の人生観が変わってしまいました。

血液は骨髄で作られること、120日で新しい血と入れ替わること、血漿と白血球、赤血球の違い、
さらに血小板などの役割といった血液の仕組みが分かりやすく解説されていて、すっと脳に
沁み込んで来ます。
具合が悪いと食欲がなくなり発熱したりしますが、これは人間の持つ自己治癒力の自然な現象で、
胃に送り込む血液を少なくすることで血液に余計な働きをさせないようにするため食欲がなくなり、
また発熱するのは白血球を増やし体内に侵入した細菌をやっつけてもらうんだそうな。

なので、食欲がない時は無理して食べない方がいいみたいです。
熱が出た時だって解熱剤などで無理に熱を下げると逆に症状が重くなる場合があるんですってね。
野生の動物が怪我をしたり病気になった時、うずくまってじっとしてるのは
それが一番自然でかつ効果的な回復の仕方であることを本能で知ってるからだそうです。

読んでいない方にいくら力説しても「なにグダグダ言ってんの」と言われそうですが、
大雑把に要点を羅列すると、、、、まず食生活の改善。
つまり肉、鶏卵、牛乳、バターなどの動物性食物は極力避ける。
魚、野菜、海藻を積極的に摂る。過食はダメ。冷えも大敵。水分は取り過ぎない。
お風呂やサウナなどに入ってとにかく血行を良くすること!

そしてそして、何よりも私がこれだ!これなら私にも出来る!絶対に取り入れよう!
と感激したのが人参とリンゴジュースのミニ断食でした。
様々な症状例が載っていましたが、人参2本とリンゴ1個をジュースにして
朝食として2杯から3杯飲むだけ。

たったこれだけのことで末期ガンや難病がいつの間にか解消されたというのです。
当時、成人病健診で引っかかったり、体重が増加の一途をたどっていた私にとっては
まさに天の声! すぐさま量販店へ走りましたよ。
そして、シンプルで安価なジューサーを買い求め、あくる日から
朝食はニンジン&リンゴジュースという生活に突入!!

おかげさまで増え続けていた体重も1年間で9キロ近く減り、ほぼ元通りに。

もうひとつ・・・この本を読んで私が真っ先に思い浮かべたことがあります。
それはもっと早くこの本に出会っていたら・・・という痛恨の思い。
母にこの食事療法を受けさせ、ニンジン・リンゴジュースを飲んでもらっていたら、
もしかしたらもしかしたら、母はまだ生きながらえてたかもしれない・・・。
それぐらい説得力のある内容でした。

この内容は旧HPで触れているので一部重複してしまいますが、ご容赦くださいませ。

ニックネーム あんず at 17:19| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする