2007年11月30日

アン肝、分かるかな。


この冬初めてのアン肝。
ちっちゃくて見えるかな?

右は鯵の酢〆。

焼き鳥.JPG 鯵の酢締め.JPG

ニックネーム あんず at 17:08| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元、迷い猫だったグミちゃんです。

P253i0011338062.jpg
ある秋の日、妹の家の玄関先にふらふらと現れた、掌サイズの子猫ちゃん。
発見時は片足を引きずり、お腹が腫れ、かなり衰弱していたらしい。
見捨てて置けず、取り合えずミルクと水を用意したが、口を付けた様子もなく、
次の日もぐったりしているもののまだ生きている。
それならばと缶詰を買って来て与えたら貪るように食べるではないか。

そして毎朝玄関で待っているようになり、顔を見れば甘えて懐くようになり・・・
それでも初めは家で飼うか決めかね、しばらくは玄関に置いたケージの中にタオルを敷き、
様子を見ていたが、そのうちお風呂に入れ、シャンプーをしてあげ、
病院へ連れて行き蚤、ダニ、虫の薬を処方してもらい治療をしているうち、
いつしか猫の住まいも玄関から室内へと昇格。
今では妹の枕元で眠るほどに可愛がられています。

たまたま妹一家はこの夏に10年近く一緒に暮らした2匹の兄妹猫を亡くしたばかりで、
しかも離れて暮らす大学生の息子と娘も大の猫好き。
迷い込んだ子猫のことを話したら二人とも口を揃えて「家で飼えば〜〜」と
母親を説得したそうな。

あの時、違う家に入り込んでたら今頃は行き倒れていたかも知れない・・・
そう思うとやはり縁があったんでしょうね。
初めて顔を見た時から妹の後を追っかけていたそうだから
「この人なら自分を守ってくれる!」という第六感が働いていたんだね。
グミちゃん、いつまでも大事に可愛がってもらうんだよ

ニックネーム あんず at 15:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒いのに元気に水浴びをせがむのはポパイ。


キッチンをうろうろしているので容器に水を入れると・・・
真っ先にいそいそと近づいていくポパイ。
カラーがジャマして胸にはほとんど水がかからないのですが、
本人はいたってご満悦。
但し、エリカラーの中はびちょびちょ・・・。
風邪引かないでよ、お三人がた。

いい湯だね.JPG 3羽水浴び.JPG
ニックネーム あんず at 15:08| Comment(4) | いんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする